お知らせ

選書ツアーを開催しました

2019.10.29

 令和元年10月12日(土)、「選書ツアー」を開催しました。
「選書ツアー」とは、学生の皆さんが図書館に置く本を直接書店に出向いて選ぶ企画です。
 今年度は「Challenge」というテーマを設け、そのテーマに沿って研究に役立つ本、読みたい本、友達に薦めたい本などを選書しました。
6学部9学科の10名が参加し、MARUZEN 博多店で、のべ137冊の本を選書しました。今回は理工系学部の学生が多く参加してくれたことが印象的でした。

 事前説明会では、「Challenge」から連想される本や、自分の研究テーマについて自由に話していただきました。「学習に必要な本を選びたい」「図書館の本をもっと充実させたい」「研究に使いたい本がいつも貸出中で借りる事ができない」等、それぞれの想いを語ってくれました。

 選書ツアー当日は、事前に選びたい本を決めていた学生、じっくりと時間をかけて読みたい本を選ぶ学生、参加者同士でコミュニケーションをとりながら本を選ぶ学生と様々でしたが、選書を終えた学生はとても満足そうな表情をしていました。11月には今回の選書をもとに「Challenge」というテーマとの関連やお薦めポイント等について意見交換会を実施します。

 学生に人気の本から研究に役立つ本まで、バラエティに富んだ選書となりました。選書された本は準備が整い次第、参加した学生のブックレビュー付きで中央図書館1階インフォメーションコーナーに展示し、貸出します。詳細は後日改めてお知らせいたします。

(学生の声)
魅力的な本が多く、たくさんの本を選んでしまい、あとで絞るのに苦労しました。それくらい本を選ぶのが楽しかったです。
普段は値段の関係から手を出しにくい本を、純粋に自分の興味から選ぶことができました。
本を選ぶだけでなく、ほかの参加者とも交流出来て楽しかったです。