ご存知ですか?吉田東伍「大日本地名辞書」を・・・
  皆さんは『大日本地名辞書』をご存知ですか?中央図書館の西書庫に排架されている表紙が少しくたびれた茶色の辞書です。初版は1899年3月から1907年にかけて出版されましたが、本学が所蔵しているのは第二版(1907年〜09年 全5巻)と増補版(1969年〜71年 全8巻)です。残念ながら、参考図書のため貸出はできませんが、3階カウンターで所定の手続きをすれば館内で閲覧ができます。
 さて、それでは『大日本地名辞書』のページをめくってみることにしましょう。第二版は「汎論・索引」、「上巻(上方・中国・西国)」、「中巻(北国・東国・阪東)」、「下巻(阪東・奥羽)」、「続編(北海道・琉球・台湾)」の五巻から成り、最初に序文があります。その執筆者をみると大隈重信・大槻文彦・坪内雄蔵(逍遙)・嘉納治五郎等々27名もの当時の政・官・学界を代表する人々の名前が並んでいます。このことから地名辞書の刊行がいかに偉大な事業であったかが想像できます。ここで「大日本地名辞書ヲ評ス」と題した地理学者志賀重崇の序文の一部を紹介します。「堂々タル大版、1頁ニ二千三百字、全部一千二百万字、其ノ重量ニ於テ本邦空前ノ出版物…」。地名辞書で何よりも驚くのはその膨大な原稿量です。今も早稲田大学図書館に保存されている美濃紙の原稿用紙は、毛筆の細字でびっしり埋め尽くされています。しかもごくわずかな例外を除いて吉田東伍たった一人の筆跡で、原稿用紙数万枚にも及びます。東伍はこの辞書を32歳から44歳にわたる13年間で書き上げていますが、この間、家族といると気が散るという理由でほぼ一人暮しを通し、歯を磨く時間を惜み、朝も昼もパン、夜は雑炊で済ませてひたすら執筆を続けていたということです。
  このようにして地名辞書を完成させた吉田東伍とはどのような人物だったのでしょう。1864年に越後国に生まれ9歳で小学校に入学、13歳で県営新潟学校を退校します。東伍の学歴はここまでで、以後図書館を学校として学ぶこととなります。20歳で結婚、7人の子供を儲けます。生活のため読売新聞社や東京専門学校などに席をおきますが、あくまで地名辞書の執筆が中心であり、完成時(1909年)にはその功で久米邦武、森鴎外らとともに最高点で文学博士の学位を授けられ、晩年は早稲田大学の教授となりました。
地名辞書のすぐれた点は量だけではなく質の高さにあると言えます。その高い質を支えているのは豊富な参考資料です。「壱岐」の項では44種、「志摩」では58種もの参考資料をあげ、古書・図会・地誌はもとより詩歌・俳句など文学的なものまで広範囲にわたっています。ところが東伍の書斎はがらんとして資料はまったくなく、当時の編集者の問いに「一日図書館へ行くと一週間はかけるから手許に参考書は要らぬ」と答えたそうです。東伍は2〜3行を一度に読んでしまうという速読の特技をもち、参考書はすべて頭に入れてしまうという抜群の暗記力をもっていたのです。無論、地名辞書は資料の切り貼りでできたものではありません。前述の志賀は「識見と断案にこそ真正の価値があり」と評し、一項が一篇の論文であると絶賛しています。地名辞書は読む辞書であると同時に我国初の全国地誌であり、独自の日本史論にもなっています。
  学歴もない在野の歴史家吉田東伍が、研究生活の大部分を費やし独力で完成させた「大日本地名辞書」。時にはあなたもページをめくりその世界を旅してみませんか?
 最後にこの辞書は読みにくい…と思われる方には次の二点の辞書をお薦めします。いずれも中央図書館2階参考図書コーナーにあります。

(1)角川日本地名大辞典/角川書店
  都道府県別に1巻にまとめ、各巻では総説、
  地誌編、資料編を設けています。
(2)日本歴史地名大系/平凡社
  地域的分冊からなる地名辞典。歴史的地名も
  収録し、典拠文献を示し詳しく解説。

           (図書一課 式島千春)

    本のイメージ画像


← P.4 図書館報 P.6 →