図書館情報システムリプレイス作業について(お知らせ)
 図書館情報システムリプレイス作業のため、以下のとおり閉館します。またこれに伴い、図書館サービスが利用できない期間があります。ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
閉館期間:平成29年8月11日(金・祝)~8月31日(木)(夏季休暇期間を含む)
対象:中央図書館、理学部・工学部・薬学部・スポーツ科学部分室、医学部分館
<利用できないサービス>【サービス停止期間:8月11日(金・祝)・12日(土)、18日(金)~22日(火)】●図書館ウェブサイト●蔵書検索(OPAC)●リモートアクセス※図書館ウェブサイトには、ASKサービス、福大生のための図書館活用プログラム、携帯版・スマートフォン版サイトも含みます。【サービス停止期間:8月11日(金・祝)~8月22日(火)】●My Library(貸出予約取寄せ状況確認、図書購入依頼(FULIS/PLATON)、ILL(文献複写・貸借)依頼、グループ学習室・情報サービス室・研究用個室予約、他大学図書館利用紹介状申込、貸出履歴一覧 他)※ILL(文献複写・貸借)依頼、他大学図書館利用紹介状申込について8月5日(土)以降のILL(文献複写・貸借)申込と他大学図書館利用紹介状申込については、9月1日(金)以降順次処理を行います。
<図書館閉館に伴う対応について>①多目的ホールを自習室として開放します[開放日:8月21日(月)~8月31日(木)利用時間:9:00~16:30]なお、8月23日(水)~8月28日(月)は既に学会・セミナー等の利用予約が入っているため対象外となります。②図書館資料(中央図書館および理・工・薬・スポーツ科学部分室図書)の貸出について[7月3日(月)から8月10日(木)の貸出図書は、長期貸出の措置を取らせていただき返却期限を9月25日(月)とします。]③教職員、大学院生、研究生の貸出図書について[返却期限が8月11日(金・祝)~8月31日(木)となっている貸出図書は、期限を延長し、返却期限を9月8日(金)に変更させていただきます。]
9月1日(金)より新図書館情報システムでのサービス開始を予定しています。

図書館スタッフ日記 File.5 staff name甲斐田 淳子 Junko Kaida 相互貸借係 福岡大学図書館の蔵書数は現在約 199万冊、膨大な蔵書量にも思えますが、それでもすべての利用者の方が必要とする資料が揃っているわけではありません。では、「読みたい本が図書館にない」、「レポートに必要な資料がない」、そんなときみなさんはどうしていますか?
「購入希望をだす」-それもアリですが、実際に図書館に入るまで意外と時間がかかってしまいます。「選書ツアーに参加する」-図書館のイベントに参加していただけるのは嬉しいのですが、資料を探しているタイミングで選書ツアーが開催されるわけではありません。「あきらめる」という方が、残念ながら結構な数いらっしゃるのではないでしょうか。
 いえいえ、あきらめないでください!そんなときにお手伝いをするのが私たち相互貸借係です。相互貸借係の主な業務は「図書館間相互貸借」、「ILL(InterlibraryLoan)」とも呼ばれています。国内外の図書館がお互いに協力し合い、それぞれが所蔵する図書資料の貸借や複写物の提供を行うサービスです。つまり、みなさんの必要な資料が福岡大学図書館で見つからないときは、他の図書館からその資料や複写物を取寄せることができるのです。また、福岡大学図書館も他の図書館からの求めに応じて、資料や複写物の送付を行っていますが、「えーっ!こんな本うちにあったの!!」と、今さらながらに驚くこともしばしばです。
このように、相互貸借係では利用者の依頼に応じて、日々、図書館間でやり取りを行っているのですが、曖昧な申込内容に資料を特定できない、所蔵館が見つからないなど一筋縄ではいかずに悪戦苦闘することも。【I LLサービスの申込方法など詳しい利用方法はこちら】
無事に資料をお届けすることができたときは、毎度、嬉しく、またホッとしてしまいます。
 福岡大学図書館の蔵書は199万冊、でも、使える資料はもっともっとたくさん!どうぞ覚えておいてくださいね!