特集 図書館を知ろう2
データベースのご案内 新聞編1-1
データベースをご存知ですか?
データベースはインターネット上で情報を検索・収集するためのツールです。図書館では国内47タイトル、海外49タイトルのデータベースを提供しています。今回は、レポート作成や就職活動に役立つ、国内の「新聞記事データベース」をご紹介します。
アクセスするには?  図書館ウェブサイトの「データベース」タブを開き、「国内」のリンクをクリックしてください。「データベース一覧」から使用するデータベースを選びクリックして利用を開始します。利用を終了するときは必ずログアウトをしてください。リモートアクセスも可能です。
聞蔵Ⅱビジュアル(朝日新聞記事検索) 学内アクセス限定 同時アクセス数4名 収録年:1879~ 明治12年の創刊号から今日までの朝日新聞の記事を検索し読むことができます。「最新のニュースを詳しく知りたい」「気になる記事を深堀したい」そんなご利用におすすめです。 その他メニュー ★ 週刊朝日・AERA★ 知恵蔵 ★ 人物データベース ★ 朝日新聞歴史写真アーカイブ ★ アサヒグラフ ★ 英文ニュースデータベース
ヨミダス歴史館(読売新聞記事検索) 学内アクセス限定 同時アクセス数2名 収録年:1874~ 明治7年の創刊号から今日までの読売新聞の記事を検索し読むことができます。さらに、記事を読みながら検索画面上でわからない語句等をすぐに調べることができます。その他メニュー ★ The Japan News(英字新聞)関連した英文記事と邦文記事がリンクしているため読み比べに便利 ★ 現代人名録 ★ 『大辞林第二版』『コンサイスEX英和辞典』『イミダス』(検索画面で利用)
検索結果を比べてみよう 同じキーワードで検索しても新聞記事データベースごとに検索結果が違ったり、報じ方が違ったりします。ひとつの物事を多角的に捉えると、自分の視野を広げることができるので、記事を調べるときはデータベースごとの結果を比べてみましょう。今回は「東京五輪」を検索してみました。