特集 図書館を知ろう
データベースのご案内 新聞編1-2
データベースをご存知ですか?
データベースはインターネット上で情報を検索・収集するためのツールです。図書館では国内47タイトル、海外48タイトルのデータベースを提供しています。今回は、前回に引き続きレポート作成や就職活動に役立つ、国内の「新聞記事データベース」をご紹介します。
アクセスするには?  図書館ウェブサイトの「データベース」タブを開き、「国内」のリンクをクリックしてください。「データベース一覧」から使用するデータベースを選びクリックして利用を開始します。利用を終了するときは必ずログアウトをしてください。リモートアクセスも可能です。
日経テレコン(日本経済新聞記事検索)調査・研究、就職活動の情報収集にも役立ちます!学内アクセス限定 同時アクセス数20名収録年:1975~日経各紙(日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ(流通新聞))を検索し、全文を閲覧できます。企業の事業内容や決算が検索できる「企業検索」、企業人や行政関係者の人事情報が検索できる「人事検索」、ビジネスに関連する各種ランキング記事やマクロ経済統計を閲覧できる「データ&ランキング」も利用可能です。その他メニュー★日本経済新聞地方経済面★日経会社プロフィル★企業決算
PAPYRUS(西日本新聞記事検索)九州・山口の情報収集に便利です!学内アクセス限定 同時アクセス数1名収録年:1989~朝夕刊の最終版と九州7県の地方版及び編集特集の全記事。ただし以下の記事は公開していない場合があります。・人権に配慮し事件・事故の実名記事。・著作権が西日本新聞社にない記事、またはデータベース公開の同意がとれていない寄稿等。・天気予報や株価・商況、テレビ番組表など特殊表組み記事およびお知らせ類の一部。1989年から1997年までは主要記事のみ収録。記事のみ収録し、写真は公開していません。
同じキーワードで検索しても新聞記事データベースごとに検索結果が違ったり、報じ方が違ったりします。ひとつの物事を多角的に捉えると、自分の視野を広げることができるので、記事を調べるときはデータベースごとの結果を比べてみましょう。今回も前回同様「東京五輪」を検索してみました。