• 福岡大学蔵書検索(OPAC)
  • データベース
  • 電子ジャーナル・電子ブック

企業史料統合データベース

財務諸表をはじめ営業の概況などが記述され、日本の近現代における企業の経済活動の実態を知る上で最も基礎的な史料である「営業報告書」、企業の事業計画・見通しについて詳細に記述され、数期にわたる比較財務諸表が掲載されていることが多い「目論見書」、そして「営業報告書」の後身ともいうべき「有価証券報告書」、これら3つの史料群からなる約14000社21万5千件を収録したデータベースです。企業名・収録期間・業種・フリーワードでの横断検索が可能です。

資料タイプ 企業情報
全文 可能
収録内容 【営業報告書】
マイクロフィルム版「営業報告書集成」第1~9集 全2350リール(1966~2008年)所収の営業報告書に、新資料1200件を加え、明治10~昭和25年(1877~1950年)頃のものを中心に約1万社16万件を収録したもので、営業報告書の他、会社概況報告書、貸借対照表、定款、株主総会の議案・決議、株主名簿、記事、会社概要など、決算諸表をはじめとする関連資料も収録しています。

【目論見書】
東京大学経済学部所蔵の目論見書約1800社4070件に、マイクロフィルム版「営業報告書集成」中に含まれていた目論見書や新資料を加え、約2100社4630件を収録したものです。多くは昭和23年(1948年)以降発行の増資目論見書、新株式発行目論見書、社債発行目論見書で、昭和20年代のものが中心だが、戦前の起業目論見書、設立趣意書なども含み、古いところでは明治43年(1910年)7月の「帝国製糖目論見書・定款」などがあります。

【有価証券報告書】
東京大学経済学部所蔵の有価証券報告書(東証一部・二部上場企業中心)約2400社53000件をPDFファイルで収録したものです。このうち14906件については東京大学経済学部の運営するサイトEngelⅡでも公開されています。東証一部上場企業のうち、年代的には昭和36年(1961年)~昭和60年(1985年)のものを中心に収録され、有価証券報告書の他に連結財務諸表などの資料も含んでいます。
利用環境 学内
利用上の注意 利用は学内者に限ります。同時アクセス数に制限はありません。
ヘルプ 企業史料統合データベース使用説明書(PDF:1.85MB)
提供機関 株式会社 雄松堂書店

データベースを使ってみる

データベースについてのお問い合わせ先

中央図書館
雑誌・電子リソース係(内線2722) E-mail : 電子リソース係メールアドレス
医学部分館
雑誌・電子リソース係(内線3053) E-mail : 電子リソース係メールアドレス

このページの先頭へ