1. 福岡大学図書館 HOME
  2. 資料を調べる/探す
  3. データベース
  4. 聞蔵Ⅱビジュアル(朝日新聞記事検索)
  • 福岡大学蔵書検索(OPAC)
  • データベース
  • 電子ジャーナル・電子ブック

聞蔵Ⅱビジュアル(朝日新聞記事検索)

朝日新聞(1879~)の他、『AERA』『週刊朝日』『知恵蔵』『人物データベース』『歴史写真アーカイブ』『アサヒグラフ』『英文ニュースデータベース』のすべてのコンテンツが利用可能です。

資料タイプ 新聞記事・雑誌記事
全文 可能
収録内容 【1】朝日新聞(1985~) 週刊朝日・AERA
朝日新聞紙面に掲載された記事の見出しと本文をテキスト形式で収録しています。見出しや本文に使われている言葉を手掛かりに検索する全文検索方式で、記事テキスト本文を表示して読むことができます。2005年11月以降は、記事の切り抜きイメージをPDFファイルで見ることができます。
【2】朝日新聞縮刷版(1879-1989)
朝日新聞縮刷版は、「明治・大正」「昭和(戦前)」「昭和(戦後)」「平成(〜11年)」の4つの時代を通して記事を検索することができます。掲載日や見出しのほか、人名、地名、事象名などのキーワード、分類で検索し、ヒットした記事が載った紙面イメージ(PDF形式)を拡大・縮小しながら閲覧できます。
【3】知恵蔵
刻々変化する社会の最新用語と基本用語を解説した現代用語事典です。(毎年春に更新)。
【4】人物データベース
各界の有識者を中心に経済人、政治家、研究者、文化人、スポーツ選手らの経歴や連絡先などの情報を収録しています。氏名(漢字/かな)や肩書、経歴・業績、分野コードなどから検索できます。
【5】朝日新聞歴史写真アーカイブ
主に満州事変前後から敗戦までのアジア各地の写真約1万枚を収録。戦場写真のほか、市民の生活を記録した写真も多数含まれています。写真・画像には書誌情報を付与し、キーワードだけでなく分類や撮影地、年表などから検索・閲覧ができます。
【6】アサヒグラフ
政財官、研究者、ジャーナリスト等、各界で活躍するキーパーソンの最新情報を収録。1956年(昭和31年)までの約2000冊の誌面イメージをカラーでデジタル収録しています。大正の終わりから昭和戦前・戦中期にかけて、激動の時代の世相や風俗を知ることができる画像史料として利用可能。発行日のほか目次・概要のキーワード検索が可能です。
【7】英文ニュースデータベース
朝日新聞社が発行してきた英字新聞「International Herald Tribune/the Asahi Shimbun(ヘラルド朝日)」、現在、英語の総合ニュースサイトとして発信中の「AJW(Asia & Japan Watch)」に掲載されたニュース記事をデータベース化しました。2001年4月以降のテキスト記事の全文検索ができます。
利用環境 学内
利用上の注意 利用は学内者に限ります。同時アクセス数は4名です。
利用終了後は速やかに「ログアウト」ボタンをクリックし、ログアウトしてください。
ヘルプ 聞蔵Ⅱの使い方:html
提供機関 朝日新聞社

データベースを使ってみる

データベースについてのお問い合わせ先

中央図書館
雑誌・電子リソース係(内線2722) E-mail : 電子リソース係メールアドレス
医学部分館
雑誌・電子リソース係(内線3053) E-mail : 電子リソース係メールアドレス

このページの先頭へ