自動書庫資料の利用について

自動書庫とは、出納作業がシステム化された巨大な書庫で、中央図書館地下にあります。書庫に直接入ることはできません。約138万冊収蔵可能で今後増加予定の資料にも対応しています。

このページの先頭へ

学内の方

蔵書検索(OPAC)で所在が「中央自動書庫」と表示された資料は、中央図書館、および各学部の分室のパソコンから出庫の指示ができます。

  • 出庫可能冊数・・・5冊(1回当たり)
  • 資料取置期間・・・出庫指示後~翌日15時まで

自動書庫 利用手順

  1. 蔵書検索(OPAC)で所在が「中央自動書庫」と表示されたら、出庫ボタンをクリックして、福大IDを入力してください。
  2. 「申込・受取票」に表示された受付番号を記入して、中央図書館2階総合カウンターに提出してください。
    ※必ずログオフしてください。

このページの先頭へ

卒業生(有信会)・その他福岡大学認証基盤システム「福大ID」をお持ちでない学内の方

蔵書検索(OPAC)で所在が「中央自動書庫」と表示された資料は、「申込・受取票」にタイトルと請求記号、資料IDを記入し、中央図書館2階総合カウンターに提出してください。

  • 出庫可能冊数・・・5冊(1回当たり)
  • 資料取置期間・・・出庫指示後~翌日15時まで

このページの先頭へ

学外の方

蔵書検索(OPAC)で所在が「中央自動書庫」と表示された資料は、「申込・受取票」にタイトルと請求記号、資料IDを記入し、中央図書館2階総合カウンターに提出してください。閲覧のみで資料の貸出はできません。

  • 出庫可能冊数・・・5冊(1回当たり)
  • 資料取置期間・・・出庫指示後~翌日15時まで

このページの先頭へ

お問い合わせ先

中央図書館
利用者サービス係(内線2732) E-mail : 利用者サービス係メールアドレス

このページの先頭へ