和本の美トップへ

+斉藤秋圃 -鍬形恵斎 +恵斎略画式モノ
+郷土俳書
+図書館特別展「和本の美」
+注釈・参考文献

-鍬形恵斎
9.[はなし](柱)
10.[江都名所圖繪]
11(A).繪本吾嬬鏡
       (B).繪本吾嬬鏡

12(A).[諸職画鏡]
       (B).諸職畫鑑

13.金撰狂歌集
14.[日本名所の繪] 
15.恵斎畧画
       芭蕉翁臨減度之圖

16.心機一拂
17.[江戸一覧図]
18.[繪本孝経]
19.[繪本勇士子]
20.狂歌略画百人一首
21.八幡太郎一代記 繪盡
22.絵本大江山
23.繪本咲分勇者

9.[はなし](柱)

(刊)中本一巻一冊
〔安永七年(1778)頃か〕
(江戸)北尾三治郎【きたお・さんじろう】(鍬形恵斎【くわがたけいさい】)画
[江戸]栄邑堂【えいゆうどう】[板]
福大図書館所蔵情報へ このページをPDFで見る
クリック詳細画像
≪約80k≫
[はなし]表紙写真
≪約220k≫
[はなし]見開き写真

    黄表紙仕立の絵入咄本。柱刻は「はなし 栄 四」からはじまり、末尾の二丁分(「九」「十」)は、 柱刻が異なり「八」丁まで「栄」とのみ記された(計七丁)中央に、板元と見られる「栄邑堂」の名がみえる。 二種の版本を取り合わせて新版めかした本。表紙等に題名記載がないため柱刻の「はなし」と仮題を記したが本題は「××はなし」 という略記かもしれぬ。
    十丁裏巻末に「北尾重政門人三治郎十五歳画」とあり、恵斎が十五歳の折に描いたことがわかる。 これと同じ巻末署名を持つ黄表紙仕立の絵入咄本『小鍋立【こなべたて】』(安永七年(1778)刊)が最初の仕事として存在することが 報告されていることから(漆山又四郎「北尾政美と其の作品」『書物展望』八の一所収)、この本も『小鍋立』と同期の初作の一つとみられる。